ロックマ~映画とコミトレFX~

映画オタクによる映画とFX話

映画『ユニコ』ついて語りたい”コミトレFX”

収支報告

こんにちは!

まずは本日のコミトレ収支報告をします(^^)

FX初心者ロックマの収支記録!

本日5/9時点で

画像

¥822,793→¥824,656となりました!

若干スローペースが続いてしまいましたね。
マイナス出して無いのでありかな?と楽観してますが(笑)
今月残り3週間でもう少し良い動き出したいですね!
そろそろコミトレでの新規通貨ペアも触りたいです!

コミトレ公式はコチラをクリック◆
▼    ▼    ▼

◆ロックマFXオススメ記事◆

映画 ユニコ魔法の島へ 1983

画像

小さな村へと運ばれたユニコは、恐ろしい魔法使いククルックと弟子のトルビーに追いかけられ、川へ落ちてしまう。彼を助けたのはチェリーという少女だった。たちまちうち解けあい、友だちになった2人の前に、またもやトルビーが現れる。彼こそは、長い間行方不明になったチェリーの兄だった。

若い子たちにはあまり、というかほぼ知られてない手塚治虫作品の「ユニコ」
このユニコは見た目通りユニコーンがモデルです!

生まれつき白い角を持つユニコーンの子供。人々を幸せにする不思議な力を持っており、角は取れるようだがないと弱ってしまう。相手も自分も互いに(本当の友達という意味で)愛しあった時に奇跡を起こすことができ、大きく真っ白な角と体と翼をもった神々しいユニコーンへと変身する。また、ユニコ自身が本当に相手の願いを叶えたいと思った時にも不思議な力を発揮する。

wikipediaより

原作では願いを叶えたりした後に、その時の記憶を消されたりなどしながら色んな土地をめぐるお話でした!
手塚治虫作品だと『ブラックジャック』『火の鳥』が今の若い子も知っていて有名ですが
こちらのユニコは少女漫画として描かれていたはずです(^^)

さて、そしてこの映画はというとですね!
正直子どもの頃に初めて見た時は【かなり怖かった】です!

画像

これがボスの魔法使いなんですが
ポップなイラストなのにとても不気味な感じがするんですよね~!
大人になった今でも見て怖いかもしれません。

画像
元は人間

悪い魔法使いによって人形に変えられた人間たちの無機質な動きも恐怖が感じられます。

何故この悪い魔法使いは人間を襲って人形に変えているかというと

画像

この魔法使いは元々人間が人形劇で使っていた人形でした。
しかし用済みになり人間に捨てられてしまい、その恨みで魔力を持ち、人間に復讐をしていたんですね。

画像
捨てられた時の人形

物語の中で人間たちに捨てられたものが集まる土地というのが出てきます。
そこの木馬が意志をもって色々とお話をしてくれるのですが
日本ではもともと長い時間を経た物には命が宿るという風習があるのを考えると
余計不気味に感じてしまいます。

画像

しかし最後はこの可愛くて優しいユニコの言葉が
魔法使いの心に突き刺さります。
『寂しいだね、寂しいと悪いこともしたくなる時もあるよね』と優しく話すユニコ。

画像

人間への恨みで動いていた魔法使いには
どんな攻撃よりも『やさしさ』が一番効きました。

サンリオの子ども向け作品ですが
大人でも物凄く為になる良い作品です。
是非ご視聴ください📷✨

◆ロックマ過去記事◆

コミトレ公式はコチラ◆