ロックマ~映画とコミトレFX~

映画オタクによる映画とFX話

いろんな形の『恋愛映画』を紹介したい”コミトレFX”

収支報告

こんにちは!

まずは本日のコミトレ収支報告をします(^^)

FX初心者ロックマの収支記録!

本日5/11時点で

画像

¥824,656→¥829,357となりました!

のんびりペースですが副業なので焦らないでやると決めています(笑)
以前にコミトレ始めたての頃に自分はFXを理解していないのに
数字の動きに勝手にビビって要らない損益を出したりしていたので
FXなど自分で分からない事は
分かる人に任せる!という他力本願も大事だと気付きました(^^)
トレーダーさんたちも頑張っているので、いいペースはちゃんと
着いてくると信じます!

コミトレ公式はコチラをクリック◆
▼    ▼    ▼

画像

◆ロックマFXオススメ記事◆

~恋愛映画は十人十色~

画像

人の数だけドラマはある!
これは昔から言われてますね。
今日は色んな形の恋愛映画を紹介します。

1.イルマーレ 2001

画像

99年12月。“イルマーレ(海)”と名付けられた海辺の一軒家。この家から引っ越していくひとりの女性が郵便受けに手紙を置いていく。それは、新たな住人に宛てたものだったが、その手紙はなぜか2年前である97年現在そこに住んでいる青年の許に届いたのだった……。

テーマは【時空を超えて】

ハリウッドでもリメイクされた作品ですがハリウッド版はなかなかの酷評を
受けてましたね(笑)

自分も韓国版が好きなのでノーコメントですが・・・

タイムトラベルなどは数多く映画になっていますが
この映画は本人たちは一切時間移動はできなく
たった一つ、庭のポストの中にいれた物だけが時間移動します。

なぜポストが時間移動するか?
その秘密は曖昧なままですが、綺麗な風景や描写
ストーリーがとても良いです!

ヒロインのチョン・ジヒョンの時間差ごとの演技や
主人公の誠実な性格を表す演技。

かなりオススメ作品です(^^)

2.P.S.アイラブユー 2007

画像

最愛の夫が急逝し、絶望と孤独に打ちひしがれるヒロイン。引きこもり荒んだ生活を送っていた中、彼女の誕生日に贈り物が届く。それは、亡き夫からの10通の手紙とケーキだった。そしてそれらが、彼女に勇気と希望を与え、新たな人生の道しるべとなってゆく。

【死後も変わらぬ愛】

ジェラルド・バトラーヒラリー・スワンクの愛称が抜群です!

ジェラルド・Bの「いい男」っぷりが男目線で見ても
本当に憧れるカッコよさです。

夫婦喧嘩の映開始からすぐに旦那が亡くなるのですが
暗くなりすぎること無く、ヒラリー・スワンク
悲しさもありながらコミカルな演技が最高です。

女友達もすごくキャラが濃くて楽しいです(^^)

ファンタジー作品ではないので亡くなった旦那が生き返るなどの
展開は無いですが、勇気をもらって立ち直り明るく進んでいくヒロインを
見てとてもいい気分で見れる映画でした!

3.フォルトゥナの瞳 2019

画像

幼少時に飛行機事故で家族を失った男。人々に迫る死の兆候を見抜く力を持つ彼は、苦悩の中で1人の女と運命的な出会いを果たす。やがて幸せな交際の日々が始まるが、彼は周囲の者に次々と死の兆候が現れていることに気づく。

【愛か死かの選択】

主人公演じる神木くんは幼い頃の事故が原因で
死期の近づいている人間が分かるという能力を持つようになります。
その能力を使い、人の死期を変えると自分にも苦しみがかえってきます。

その能力で苦しみながらも出会った女性(有村架純)と恋に落ちます。

幸せな暮らしを続けていましたが、ヒロインにも死期が見えてしまい・・・

という話です。
恋愛への発展がなかなか急展開だなとも思いながらも最後まで見ると
全てが腑に落ちました!

映画のキャッチコピーでも有った
【愛か死か】はまさにでしたね。

4.俺物語!! 2015

画像

高校1年生の剛田猛男は、その高校生離れしたルックスでほとんどの女子から恐れられていた。しかし見た目に反して誰よりも純情で、優しく正義感にあふれた男だった。そんな猛男の無二の親友は、隣家に住む幼なじみのイケメン同級生、砂川誠。昔から猛男が好きになった女子は、例外なく砂川のことが好きだった。

【鈍感だが漢らしさ全開】

鈴木亮平さん演じる【剛田猛男】が本当にかっこいい(笑)
漢の中の漢とはこのことでしょう!

見た目のいかつさから今までモテたことがなく
好きになった女の子はもれなく全員が自分の親友のイケメンの事を好きになるという悲しい現実も構わずいる姿!カッコいいです(笑)

ヒロインの大和凛子(永野芽郁)に絡んでいた男を撃退した事により二人は出会います!
もうその時点で明らかにヒロインは猛男が好きなのですが
今までの人生経験から
猛男はヒロインはイケメン親友に惚れたと勘違いします(笑)

誤解が解けて猛男が気持ちに気付くまでなかなか時間がかかるのですが
猛男の漢らしい活躍を見続けているのでも十分に楽しい映画です!

そしてヒロインの永野芽郁
可愛すぎますね・・・
この映画見た後にアニメも全部見ましたが
主演陣の再現度が高くてとても良かったです(^^♪

5.ムーンライト 2016

画像

麻薬中毒のシングルマザーのもとで育ち、学校ではいじめられ、そこから逃げるように1人で過ごす内気な少年。彼を気にかけてくれるのは近所の麻薬ディーラーの男と、同級生の少年だけだった。やがて彼は同級生に友情以上の感情を抱くが、それを言い出せないまま成長する。

LGBT

最初に言っておくと、この映画で
ど派手なシーンやアクションなどは有りません。
しかし静かに作られたシーン1つ1つが
行間を読むといいますか、見ていて刺さってきます。

画像

このサムネはそれぞれ
【少年期、青年期、大人】になってからの主人公の顔を合わせてます。

LGBT問題については自分なんかが簡単に意見できる事ではないですが
ほんの10年前に比べてみるだけでも周囲の理解は増えてるなと思います。
自分が当事者ではないからこう感じるだけかもしれませんが。

この映画はただでさえ簡単に生きれる環境じゃない中で
自分の気持ちを出せずに抱えたままの主人公の成長を追っていきます。

恋愛映画として入れるのは考えましたが
ロックマは素敵な恋愛映画だと思い入れました!

6.her 世界でひとつの彼女 2013

画像

孤独な男が、最新の人工知能OSを起動する。そして、人工知能は女性の声で自身を「サマンサ」と名乗った。その声や言葉に愛とユーモアを感じた彼は、そのOSを常に携帯。そうするうちに、彼はサマンサに強い愛情を抱き始める。

人工知能×人間】

主演はちょっと前にあのハードルの高すぎるジョーカーを演じた事でも知られるホアキン・フェニックス

未来の世界のOSに惚れてしまう男性の話。
OSのボイスはスカーレット・ヨハンソン
映画自体は10年近く前の話ですが、だんだんとリアルな話題になっているなと感じました。

最初OSとの会話で惚れるとはどおういう事なのかな?と見ましたがこの設定もとても良くできていました。

本当にただの機械の様に単なる受け答えだけという事じゃなく
OS側からも人間を頼る様なコミュニケーションを自発したりと
単なるバーチャルではないリアルさが有りましたね。

画像

↑ こういった未来的な都会な風景が映っているのに
主人公は一人でOSに語りかけるシーンなどは寂しさを感じさせるシーンですね。

どんな形であろうと幸せな展開になれば良いなと思ってみていました。
しかしまさかの未来技術のすごさであんな展開になるなんて・・・

映画自体は好きですが
見た後にかなりの大きな穴が胸に空いた気分になります(笑)

7.ぼくは明日、昨日のきみとデートする 2016

画像

京都の美大生・南山高寿は、大学へ行く電車の中で福寿愛美に出会い、一瞬で恋をする。勇気を出した高寿が愛美に声をかけると、ある一言に反応して泣き出す愛美。やがて2人はつき合い始めるが、愛美は大きな秘密を抱えていた。

【異なる時間の進み方】

ロックマ、こちらは映画化が決まる前から
小説を読んでいたのですが
実写化をみてまず思ったのは
『主演のキャスティング完璧か!!』と思いました(笑)

福士蒼汰の純粋さ、小松菜奈の透明感。
かなり良かったです。

単純な過去、未来の時間移動ではない、この作品を実写でそう表現していくのかなと思っていましたが問題なく見れました。

小説でもそうでしたが
何度も見返すたびに、その時々の演技の意味が分かり
感動します!

小説でもなかなか難しい設定の作品ですが
2時間未満の映画でこれを表現するのは大変だったろうな~と
思いました(笑)

EDのバックナンバーの楽曲も良かったですね。

~あとがき~

画像

人間と人工知能、SF、LGBTなど
様々な恋愛映画を今日は紹介しました!
勿論星の数ほどある恋愛映画ですから
まだまだ紹介したいものは沢山あります(^^)
今日の中で、そうでない物もありますが
ロックマはやっぱりハッピーエンドが好きです!

◆ロックマ過去記事◆

コミトレ公式はコチラ◆

画像